★話題記事★

お気に入りリンク様 新着記事

相互RSSしていただける方、募集中です! よろしくお願いします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>芸能ランキング >>RAKUTEN  
Powered by SEO対策
スポンサー広告 | ランキング | 【--------】 | Trackback(-) | Comments(-) | PixNewsへ投稿 トピックイットに投稿する

世界遺産 ほぼ全焼”落雷が原因”か?

24日午前零時半ごろ、京都市伏見区醍醐の上醍醐寺で出火、西国三十三カ所観音霊場第十一番札所で知られる准胝(じゅんてい)堂がほぼ全焼した。

 市消防局によると、准胝堂は木造平屋建て約146平方メートル。
876年の創建とされ、1968年に再建された。文化財指定は受けていないという。
 上醍醐寺の職員が「お堂が燃えている」と119番した。市消防局の消防隊が山上にある同寺に急行、放水した。午前1時半までにけが人の情報はない。
 上醍醐寺は、下醍醐寺の東約3キロに位置し、両寺を合わせて醍醐寺という。境内には准胝堂を中心に国宝の薬師堂や清瀧宮拝殿などがある。准胝堂には本尊・准胝観世音菩薩(ぼさつ)が安置されている。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080824-00000000-kyt-l26

醍醐寺のホームページなどによると、同寺は874年(貞観16年)に創建され、醍醐・朱雀・村上天皇時代に上、下醍醐の伽藍(がらん)が整えられた。境内は、上醍醐には国宝の薬師堂、下醍醐には三宝院や国宝の五重塔、金堂があり、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。⇒ranking

当時、雷注意報が出ていて、付近に落雷があったことから、山科署と京都市消防局は火災との関連を調べている。
⇒PR:社会人のためのスキルアップ講座

スポンサーサイト

>>芸能ランキング >>RAKUTEN  
Powered by SEO対策
未分類 | ランキング | 【2008-08-24】 | TB:(0) | CM:(0) | PixNewsへ投稿 トピックイットに投稿する


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




  • seo
人気サイト ページビューランキング フィードメーター - 芸能どきどきニュース
Copyright © 芸能どきどきニュース All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。