★話題記事★

お気に入りリンク様 新着記事

相互RSSしていただける方、募集中です! よろしくお願いします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>芸能ランキング >>RAKUTEN  
Powered by SEO対策
スポンサー広告 | ランキング | 【--------】 | Trackback(-) | Comments(-) | PixNewsへ投稿 トピックイットに投稿する

永遠のギャグ漫画家 赤塚不二夫氏、死去

赤塚不二夫天才漫画家と言われた赤塚不二夫さんが2日午後4時55分、肺炎のため死去された。

赤塚さんといえば、天才バカボンやおそ松くんなどの
ギャグ漫画だが ⇒entameranking
目の見えない人のために、点字のマンガを作ったりする
優しい方だったんですね。

ご冥福をお祈りいたします。
⇒PR:オンデマンド印刷ならTPR
(以下、引用)
数多くのギャグ漫画を産み出し、世の中を面白くすることに情熱を傾けてきた赤塚不二夫さん。98年に食道がんの手術をし、闘病中に車いす生活を余儀なくされても、なおテレビ番組に出演するなど精力的に活動を続けた。病床では新たな作品の創作に意欲を燃やすなど“生涯漫画家”を貫き通した人生だった。

 「人間、死ぬときは死ぬんだよ。それまでは一生懸命仕事をしようと思ってね」「ギャグを徹底的に描いていきたい」。生前、笑顔でこう語っていた赤塚さん。ビデオで古今の喜劇映画を鑑賞するなど「本当の笑いとは何か」という哲学を終生追い求めていた。

 食道がんが発見されてからも創作意欲が尽きることはなかった。手術から約2年後の00年9月、「目の見えない人にも楽しむ権利がある」と、点字の漫画絵本「赤塚不二夫のさわる絵本よーいどん!」(小学館)を発表。02年10月には、その第2弾「ニャロメをさがせ!」(小学館)を発売した。

 02年に最後の闘病生活に入ったが、病床では新たな作品の創作にも意欲をみせていた。弥次さん喜多さんがアイヌ民族を訪ねるという珍道中のギャグ漫画の構想を温めていたという。

 トキワ荘に集った漫画家仲間の中では一番の遅咲き。シュール、ナンセンス、ドタバタ、アドリブの利いたギャグ漫画に注目が集まるようになったのは60~70年代。世に残した作品やキャラクターはどれも自由な気分と解放感にあふれ、しかも優しさに満ちていた。

 大の酒好きでも知られた。がんと診断されてからも酒を手放すことはなかった。がん闘病について取材が殺到すると「うちはね、今ちょっとした“がん景気”なんだ」と周囲を笑わせた。

 ただ、アルコール依存症治療のため毎月のように入院して酒を抜く「ウオッシュアウト」の繰り返し。それでも、退院してはまた酒を飲み「ノーメル(飲める)賞だな」とユーモアたっぷりに話していた。笑いにまじめで破天荒、それが赤塚流の生き方だった。
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20080803/Sponichi_kfuln20080803006002.html


>>RAKUTEN>>RANKING>>ENTAMERANKING>>芸能広場

 




>>芸能ランキング >>RAKUTEN  
Powered by SEO対策


アニメといえば

スポンサーサイト



もっと芸能ニュースを読む ⇒ 芸能ブログランキング

芸能人のofficialblogを探す ⇒ 芸能人ブログ全集

きわどい芸能界の噂もメールで ⇒ 芸能界う・わ・さ!

検索・コンテンツ連動広告はアドワイアーズ
未分類 | ランキング | 【2008-08-03】 | TB:(0) | CM:(0) | PixNewsへ投稿 トピックイットに投稿する


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




  • seo
人気サイト ページビューランキング フィードメーター - 芸能どきどきニュース
Copyright © 芸能どきどきニュース All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。